トラック, 自動車関連, 買取

トラック買取の依頼時には大事な書類はなくさないこと

トラックの買取を依頼する際には、車両をトラック買取店に引き渡すときまで大事な書類をなくさないことが非常に重要です。ここでいう大事な書類というのは、主に車検証や自賠責保険証明書、自動車税納税証明書を指します。どれも売却手続きで必要になる書類ですが、車検証は道路運送車両法、自賠責保険証明書は自動車損害賠償保障法で、公道上を走行する場合の携帯義務が定められているものでもあります。携帯義務を怠ると、法律違反として処罰の対象になります。

また、自動車税納税証明書については、車検を受ける際に必要な書類の一つになっています。どの書類も通常は車内に保管されているため、自分で車外に持ち出さない限りなくすことはありえません。しかし、持ち出したことを忘れたままにしている可能性も無いとは言い切れません。トラック買取を依頼する前には、書類が保管されているかどうかを確認しておきましょう。

もし、大事な書類が無いことがわかったら、すみやかに再発行の手続きをとる必要があります。車検証の再交付は地方運輸局の窓口で受け付けており、理由書や身分証明書、手数料納付書を添えて申請書を提出し、少し待てば新しい車検証を受け取ることができます。自賠責保険証明書の再発行は、加入した損害保険会社が窓口となっており、電話等で問い合わせて紛失したことを伝えるか、営業所に直接出向けば手続きをはじめられます。納税証明書は自動車税管理事務所か都道府県税事務所へ行けば、備え置かれている交付請求書を使って手続きができます。

トラックの買取のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です